借金/債務整理

借金/債務整理

借金・多重債務の問題は弁護士にご相談ください

債務整理には大きく分けると自己破産・民事再生・任意整理という3種類の方法があります。過払い金返還請求は、それ自体が債務整理の方法に分類されるものではありませんが、自己破産や民事再生、任意整理組み合わせることにより、債務整理を成功させるための強力な武器になります。自己破産・民事再生・任意整理のいずれを選択すべきかという点については、当然のことながら、個別の各ご相談者様の借金状況や収入状況、債務整理に至った経緯や、債務整理後の生活についての希望などにより最適解が異なります。弁護士法人ポートは、これまで千件を超える多数の債務整理事案を担当しておりますので、その知識経験を生かして、ご相談者様にとって最適な債務整理手法の選択とその遂行のお手伝いをいたします。

借金/債務整理に関するサービスのご案内

1 自己破産

自己破産とは、裁判所を利用する手続きにより、主要な財産を処分し (破産手続)、債務の支払い責任を免れる制度(免責手続)です。債務整理のうちもっとも思い切った方法です。

2 個人民事再生

個人民事再生は、裁判所を利用する手続きにより、借金を大幅に減額しその圧縮された金額を3年(例外的に5年)かけて支払っていく方法です。
住宅資金特別条項を利用すれば、ローンは別に払っていく形で、家を守りながら再生手続きを利用できることがあります。債務整理のなかでは、自己破産と任意整理の中間にある手続きです。

3 任意整理

任意整理は、弁護士が債務者を代理して、業者と交渉し、債務の分割払い、将来利息のカット等の合意をするものです。債務整理の方法のうち、もっとも柔軟な解決が可能となる手法ですが、その反面、支払負担が大きくなる傾向があります。

4 過払金返還請求

違法金利(利息制限法に規定された利息を超える金利)の支払分を交渉や訴訟により取り返していくものです。厳密には、これ自体は債務整理の方法ではありませんが、自己破産・民事再生・任意整理を行う上で強力な武器になります。

借金/債務整理の弁護士費用

■相談料

  • 初回法律相談:無料
  • 2回目以降の継続相談:事案の難易・担当弁護士等を考慮して設定させていただきます。

■自己破産事件の弁護士費用

1)同時廃止事件の場合

  • 弁護士費用:25万円
  • 事件経費:3万円程度

2)破産管財事件の場合

  • 弁護士費用:30万円~
  • 事件経費:23万円~

※管財事件となる場合、管財人報酬等に充てる裁判所予納金(20万円~)が必要となります。
※過払金を回収した場合、回収報酬は別途発生します。

■個人民事再生事件の弁護士費用

1)住宅資金条項なしの場合

  • 弁護士費用:28万円
  • 事件経費:20万円程度

2)住宅資金条項ありの場合

  • 弁護士費用:50万円
  • 事件経費:20万円程度

※住宅資金についてリスケジューリングが必要となる場合は別途お見積いたします。
※過払金を回収した場合、回収報酬は別途発生します。

■任意整理事件の弁護士費用

  • 基本報酬金:1社あたり3万円
  • 減額報酬金:減額分の10%
  • 事件経費:(債権者数にかかわらず)2万円

※ヤミ金融等の違法高利業者・商工ローン業者については別途お見積となります。
※過払金を回収した場合、回収報酬は別途発生します。

■過払金返還請求事件の弁護士費用

1)交渉による回収の場合

  • 弁護士報酬:回収額の20%
  • 事件経費:不要

2)訴訟による回収の場合

  • 弁護士報酬:回収額の25%
  • 事件経費:印紙代・切手代の実費

※住宅資金についてリスケジューリングが必要となる場合は別途お見積いたします。
※過払金を回収した場合、回収報酬は別途発生します。

■ご注意事項

  • 上記は弁護士費用の目安であり、常に個別契約が優先します。
  • 表記は全て税別となります。

お問い合わせ先

面談をご希望の場所に応じ、以下の電話番号よりお問い合わせください。

PAGE TOP